あれこれ・よもやま

一生のうちに出会える人の数

先日、久しぶりにある方とオンラインで情報交換をさせていただきました。

その方とは4年ぶりの”再会”になります。

コロナ禍においてはリアルでお会いするのはなかなか難しいのですが、考えてみるとコロナ前でも日頃お会いする方は限られていた気がします。

それがコロナによってさらにお会いする機会が減少していますので、久しぶりにお会いする方とは、5年ぶり、10年ぶり、20年ぶりといったケースが増えてくると考えられます。

場合によっては、というよりも、実際には大半の方とはもうお会いできないかもしれませんよね。


ちなみにある統計によると、人が一生のうちに出会える人数は3万人程度だそうです。

もちろんこれはすれ違う人数ではなくある程度の接点を持つ人になります。

寿命が80年だとすれば、29,200日となりますので、一日1人と会っていることになります。

そう言われると多い気もしますし、学校や職場、そして仕事で会う方とかを考えるとそんな感じとも思えます。

日本の人口は1億2,000万人強ですから、出会える割合は0.025%です。

4,000人に一人という計算になります。

世界の人口70億人で考えたら、0.0004%になります。

そう考えると、我々が出会える割合なんてほんの少しであり、実はほとんどの方と出会うことができないとも言えますよね。

つまり、人と出会えたこと自体、奇跡的だということです。

そしてせっかく会えた3万人のうち、再びお会いする方はどれくらいになるんでしょうか。

いろいろなケースはあると思いますが、3分の1もいないのではないでしょうか。

さらにその中で自分にとって刺激を受けたり、心を揺り動かされたり、あるいは相手に何かの刺激を与えたり、心を揺さぶることができる人はどれくらいいるのでしょうか。

そんなふうに考えてみると、この人とお会いできてよかったと感じたり、何かをしてくれて感謝をしている方とか、また会いたいなと思える方がいたらもっと積極的にお会いすべきだと思います。


コロナ禍で会いにくい状況ではありますが、オンラインという方法もありますし、メールや電話、手紙を書くなんて方法もありますよね。

そういったご縁をもう一度、考えてみたいと思います。


こんな情報を平日毎日お送りしています。

よかったら喜び稼ぎメールを読んでみてください。

【喜び稼ぎメールのご紹介】

80%の方が「面白い」と回答いただきました。

毎日を楽しく充実した人生にするための方法や、ちょっとしたビジネスのヒントなどをお送りしています。

さらに、最新のマーケティングノウハウのご紹介や、注目のコーチングを活用したマネジメントスキルなどを配信しています。

すでにたくさんの方にお読みいただき、大変好評をいただいています。

”お金を稼ぐ前に、喜びを稼ぎたい”

弊社は、そんな理念を元に、経営をしています。また、当社は不動産会社や工事会社など不動産業界を活用したい中小企業や経営者向けに”不動産業界活用コンサルティング”を中心に展開していますので、他ではなかなか知ることのできない不動産業界を最大限に活用するための情報もお届けしています。

無料ですので、ぜひ登録してお読みください。




加納 幸典

喜び稼ぎカンパニー 株式会社CAN 代表取締役

喜び循環経営を実現する
【喜び稼ぎ経営コンサルタント】

不動産業界を革新する
【不動産業界活用コンサルタント】

世の中のできないを可能にする
【CANコーチング・トレーナー】

喜び稼ぎマインドを伝える
【喜び稼ぎ塾塾長】

*メールアドレス




*お名前





詳しくはこちらをご覧ください。