不動産業界活用情報

不動産で新たな市場を開拓するサブスクリプションモデルとは?! 〜ADDress・HafH それぞれが考える多拠点居住モデルの可能性を語る会

先日、なかなかユニークな会に参加してきました。

不動産業界においてサブスクモデルを実現している、今、大注目の会社、2社が参加してくれました。

サブスクはご存知ですよね。

サブスクリプション、つまり定額を支払うことで利用できるサービスや商品のことで、今やいろいろな業種や業態に応用されており、とても注目をされています。

いよいよ不動産業界においてもサブスクモデルの活用が始まってきました。

月額4万円程度で日本の様々な場所に住めるというサービスを提供しているADDress株式会社の左別当社長。

すでにADDressの拠点は24箇所に広がり、現在200人の会員が実際に利用しています。

そしてそれぞれの場所では家守と呼ばれる人が、その家を守り、地域とつなげてくれたり、ゲストを迎えてくれたりします。

今後、施設はどんどん増え、会員待ちは約3000名とのこと。

同様の定額サービスであるHafH(ハフ)を展開している株式会社KabuK Styleの大瀬良社長。

HafHの拠点は日本だけでなく、17カ国、137都市、194拠点にまで拡大しています。

ADDressは賃貸借契約をベースにしているのに対して、HafHは宿泊ベースと
多少の形態の差はあるものの、どちらも多拠点生活だったり、リモートワークやワーケーションと言われる働き方を含めたライフスタイルの変革を後押しし、それを実現するためのサービスとなっています。

いろいろ好きな場所に旅行する以上にしばらく住んでみる。

そして多様な価値観の方と出会い、語り、また、そのエリアのコミュニティに触れる。

そんな暮らし方をする人が増えています。

休みや有休を活用して利用する方もいれば、定住地を持たず一年中そういう
ライフスタイルで過ごす方など、その活用方法も様々です。

さらに、自分のためでもあり、子どものためにもなるということで子育てをこういった多拠点生活でしたいという方も増えていて、エリアによっては複数の学校に通えるデュアルスクールを認める自治体もあるとのこと。

昔なら放浪の旅といった感覚でしょうか。

今はPCがあればどこでも仕事ができる環境が整いつつあり、普通に仕事を続けながらこんな暮らし方もできる時代になりました。

今後、ITやテクノロジーの進化により、極端な場合、家から一歩も出なくても暮らせるようになります。

そんな時にあえて移動しながら、コミュニティを広げていく暮らし方は充分にニーズがあると言えます。

考えてみれば、たまたま生まれた場所や入った会社、住んだエリアに縛られて、一生そこで暮らしてしまっているとしたら、自分らしい暮らし方の一つとして、
多拠点生活を考えてみるのもいいかもしれませんね。

ちなみにこの会は、私の前職コスモスの後輩で、現在、リノベーション業界を牽引している内山さんが企画してくれました。

今回、久しぶりに内山さんとゆっくり話しができて楽しかったです。

【喜び稼ぎメールのご紹介】

80%の方が「面白い」と回答いただきました。

毎日を楽しく充実した人生にするための方法や、ちょっとしたビジネスのヒントなどをお送りしています。

さらに、最新のマーケティングノウハウのご紹介や、注目のコーチングを活用したマネジメントスキルなどを配信しています。

すでにたくさんの方にお読みいただき、大変好評をいただいています。

”お金を稼ぐ前に、喜びを稼ぎたい”

弊社は、そんな理念を元に、経営をしています。また、当社は不動産会社や工事会社など不動産業界を活用したい中小企業や経営者向けに”不動産業界活用コンサルティング”を中心に展開していますので、他ではなかなか知ることのできない不動産業界を最大限に活用するための情報もお届けしています。

無料ですので、ぜひ登録してお読みください。




加納 幸典

喜び稼ぎカンパニー 株式会社CAN 代表取締役

喜び循環経営を実現する
【喜び稼ぎ経営コンサルタント】

不動産業界を革新する
【不動産業界活用コンサルタント】

世の中のできないを可能にする
【CANコーチング・トレーナー】

喜び稼ぎマインドを伝える
【喜び稼ぎ塾塾長】

*メールアドレス




*お名前





詳しくはこちらをご覧ください。