コーチングスキル

コーチングの前に大事なこと

セルフイメージ

このところ、ブログでコーチングについてお伝えしてきました。

コーチングのスキル自体も参考になるところがあったと思いますが、
コーチングが様々なコミュニケーションに使えることは
ぜひ、覚えておいてくださいね。

部下や上司、同僚といった会社などの組織内において、
取引先との交渉やお客様への営業場面において、
家族や友人との関係性において、
素晴らしい効果を上げるはずです。

さて、このようにコーチングはコミュニケーションを劇的に
改善する効果がありますが、
その前に、もっと重要な使い方があります。

使い方というか、これができなければ、コーチング自体ができません。

それはセルフコーチングです。

コーチ自らが、自分をエネルギーの高い状態にし、
自分の課題を整理するとともにやることを明確にし、
目標を確実に達成していくこと。

これができていなければ、
クライアントの行動を変える、
つまり行動変容をさせることはできません。

それを可能にするために、
自らをコーチすることが大事になります。

それがセルフコーチングです。

まずは自分から。

これはある意味、全てのことに通じることかと思います。

人を変えたかったら、まずは自分から。

皆さんも、この機会にぜひ、
自分がしたかったこと、本当にやりたいことについて、
自らの声に耳を傾け、
どこまでの覚悟なのか、自分自身に質問を投げかけ、
そこで出てきた思いや目標を明確にしてみてください。

すでに目標を明確にされている方もいらっしゃると思いますが、
どんな目標であっても、自分の可能性を信じて、
まずは、第一歩を踏み出しましょう。