Warning: json_encode() expects exactly 1 parameter, 2 given in /home/users/2/deca.jp-cang/web/cang/wp-content/plugins/widget-countdown/includes/gutenberg/gutenberg.php on line 22
コンサルティングという仕事。
マーケティング情報

コンサルティングという仕事。

私は、現在、コンサルタントいう仕事を中心に展開しています。

コンサルタントというとどんなイメージがあるでしょうか?

すでにコンサルを会社として活用している方、
ご自身がコンサルだという方、
全くイメージが湧かないという方など、
いろいろいらっしゃるかもしれません。

私は、コンサルをする前に、不動産業関係の仕事を多くしてきました。
一口に不動産と言ってもいろいろな業種があります。

例えば、土地を自社のリスクで購入し、その上に建物を建て、
分譲なり、一棟で販売する、いわゆるデベロッパー事業。

不動産を売りたいというお客様と買いたいというお客様のニーズを調整し、
契約から引き渡しまで対応する仲介事業。

賃貸用の不動産や土地を所有しているオーナーからその不動産を借り上げたり、
お預かりし、一般の入居者に貸していく、サブリース事業や賃貸管理業。

不動産という仕事は大変ダイナミックな部分が多く、
また、そのお客様にとって人生の転換期に立ち会う機会が多かったり、
今後の人生に大きな影響を与える可能性が高い仕事だと思っています。

そういう意味で、不動産という仕事は私は大好きですし、
これからもいろいろな形で携わっていくつもりです。

しかし、ビジネス的にみると、先ほどお話ししたコンサルという仕事と比べると、
大きく違う特性を持っています。

細かく説明すると長くなりますのでポイントだけにしたいと思います。

また、ここではわかりやすく、デベロッパ事業との違いを中心にさせていただきます。

基本、コンサルは初期投資があまりかかりません。

しかし、不動産、特にデベロッパー事業の場合、
数千万から数億単位の投下資金が必要です。

仲介や賃貸管理業はそこまではかかりませんが、
宅建免許の取得や事業環境を整えるコストは必要です。

また、リターン額との相関はありますが、コンサルはリスクが低い事業といえます。

デベロッパー事業は、事業形態により1年から2年後の市況を予測しつつ、
大きな投資をします。

うまくいくときは大きな利益となりますが、外したときは目も当てられません。

仲介事業はその意味ではリスクはありませんが、
収益の上げ方が基本的に成果報酬となります。
どんなに働いても、情報を提供しても、お客様に感謝されても、
契約をしなければ、収入はゼロとなります。

その他、利益率の高さも上げられます。売上はほぼ利益となります。
この部分は仲介事業も近いと言えますね。

このように比較的仲介事業と近い部分もありますが、
仲介の場合、不動産における専門知識が必要です。

もちろん、コンサルをするにもある程度の知識やスキルは必要ですが、
不動産の場合、不動産の知識はもちろん、民法から法律知識、ローンや登記、
状況により建築知識も必要となります。

その上、収益を上げるためには宅建業法の規定を順守する必要があります。

コンサルの場合でも当然にプロとして必要な知識はたくさんあります。

しかし、コンサルをする分野が無限にあるので、
すでに自分が得意とする分野や好きな分野を持っていれば、
その点だけ深堀をしていけばいいと言えます。

さらに、コンサルの場合、究極的に言えばどこにいても仕事ができます。
コンサルする内容にもよりますが、必ずしも対面で会う必要はなく、
実際に海外からコンサルをしているツワモノもいます。
今は、Skypeなどを活用すれば比較的実現しやすいですね。

不動産の場合、やはりその不動産を見る、確認することは必須ですし、
エリア情報を常に収集しておくという意味では、
なかなかどこにいてできるとは言いづらいと思います。
やはり「不動産」です。

さらに言えば、コンサルはこれからまずます需要が増える仕事だと考えています。

これまでにいろいろな会社を見てきましたし、コンサルをやるようになって
さらに多くの会社と接していますが、優れた会社や素晴らしい会社が本当に
たくさんあります。

しかし、その良さをうまく伸ばせていなかったり、
もったいない事業展開だったり、
事業を伸ばすポイントを外しているケースがたくさんあります。

自社で一生懸命考えて、事業を伸ばしていくことも大切なことですが、
もっと外部のノウハウやスキル、ネットワークを有効に活用することは
事業を早く大きく伸ばす秘訣だと思います。

そういう意味で、その会社のニーズに合ったコンサルは有効だと思いますし、
需要も増えていくと思います。

もちろん、「なんちゃって」コンサルもたくさんいると聞いていますし、
結果につながらないこともあるかと思います。

そのためには、コンサルを選定する際にきちんとした見極めが必要ですし、
我々コンサル自身も日々切磋琢磨し、結果の出せる、
クライアントのニーズに最大限対応できるよう、
努力を怠ることはできません。

ちょっと長くなりましたが、このように、コンサルという仕事は大変に
魅力的な部分がたくさんあります。

本当は、人をサポートすること、また成長をともに実現し、喜んでいただける
部分が一番、素晴らしい魅力かもしれません。

コンサルという仕事に興味をもっていただけたら嬉しいです。